不動産大好きRのブログ

リノベーションの解説や不動産の事、たまに食べ物や音楽など好きなことを書いてるブログです

松山市久万ノ台は将来に住んでていいなと感じてもらえると思います

今回少し早いですが売り物件のご紹介です。

少し早いというのは、これから売主様が家をリフォームしてから販売しようとされております。

リフォームは12月初旬までかかる可能性もあります。

しかしまだリフォーム工事には取り掛かっておりません、いろいろ打ち合わせの段階。

ではその前に購入、自分で好きなようにリフォームも可能ってことです。

まあそのあたりは売主様とご相談ってことになりますが。

 

物件の立地ですが、「久万ノ台町」です。

松山市「久万台」という地名の由来ですが、今話題の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の鎌倉時代初期とは少し後の、広い意味では室町時代に入りますが、「南北朝時代」に河野氏御家人に久万高盛、久万永助と言う人がいてその人たちの館がこの地にあったことから「久万ノ台」となったようです。

まあ城や重要人物の館を建てるには良さそうな立地です。(私、城マニアです)

 

西隣は以前こちらのブログでもご紹介いたしました「吉野町」です。

 

nishi-nihon-h-r-s.hatenablog.com

 

地図では

 

こちら、愛媛県立松山西中等教育学校の北に位置します。

こちらの学校に通うなら近いので良いです、6年間通いますしね。

 

外観写真一部

今は売主様が外壁の塗り替え、カーポートや外交の整理、室内クロス交換、美装を考えておられます。

土地の広さは183.43㎡(約55.48坪)で、建物は134.27㎡(40.61坪)と少し広めです。

軽量鉄骨造の2階建てで「パナホームの家」です。

昭和59年10月築で新耐震基準の建物になります。

 

間取りですが、

現況間取り

25帖のLDKと2階4部屋の4LDKです。

5人家族でも充分住める間取りで、間取りの変更は考えておりません。

バブル期に入る前の結構当時は高かった家かなと感じました。

さてどこよりも早くご紹介しました。

気になるなって方はお気軽にお声をおかけください。

 

このブログは日々の何でもないことや、不動産の仲介物件の解説、リノベーションのアイディアや施工事例、不動産購入の知識を増やすためのお話等々幅広く、また好きな音楽の事や本などもテーマで書いております。

またどの情報サイトよりもこちらに一番早く掲載されます。

ダイレクトにメールお問い合わせはこちらへ→sakamoto@nishi-nihon-h.com

記事作成:R.SAKAMOTO(坂本)

NO.545

ブログランキング・にほんブログ村へ